こんにちは。色花です。

今回は、少し踊りと瞑想の話を。

ダンスには瞑想的な質があるなとずっと感じていました。

実はごく最近瞑想を始めたので、やっぱりダンスは瞑想に共通する部分があると感じます。

ダンスと言っても様々なジャンルがあり、そのジャンルの中でも多様にタイプに分かれていると思いますが、私のダンスは明確なジャンル分けが難しいです。

自分が今どんな姿勢で踊りに対しているのかを探ってみると、インスピレーションを瞬時に掴み、現わし、捨て去る、ということの繰り返しを行なっているように感じます。

多分インスピレーションを掴み、現わし、捨て去る、という一連の行為は、同時に起こっています。

そして、同時に次の瞬間を常にはらんでいる。

そういう意味では、私にとって踊りは瞬間完結型の行為となり得ます。かっこよく言えば(笑)。

一方で、瞑想にも目的がいくつかあるのだと思いますが、その一つに、今にとどまる、ということがあります。

今にいるということは、すごいパワーになるそうです。

分かりやすい部分で言うと、意識エネルギーが過去や未来に分散されず、今に集中的に使われるからです。

それに、実は今という瞬間しか存在しない、とも言われています。

瞑想では、雑念が沸き起こったとしても放っておきます。

雑念というのは、過去の出来事を思い返したり、今日これから何しようと思ってみたり、今にいない状態へと導くものですね。

瞑想では、雑念に力を与えずに、今に力を与える訳です。

踊りにおいても、雑念が出ます。

こうしたら素敵かしらとか、スローばかりだからそろそろ激しく動こうかとか、そう思い始めると、グダグダな踊りになることが多いです。

やはり瞬間瞬間に向き合って、余計な隙を入れない方がすっきり踊れます。

ダンスと瞑想の共通点は、今にあることを頭ではなく、からだ全体で実感できるところかと思います。

しかしながら、ダンスのほうは、私が参加させていただいていたワークショップが終わってしまい、今後どうやって踊りを続けていくか・・・今地方に引っ込んでいる私はちょっと悩んでいます。

何か踊らないと調子が悪いのです。

そんな時こそ、瞑想でしっかり本心とつながってみましょうかね。

以前、瞑想に関するマウントフジフラワーエッセンスの記事を書かせていたきましたので、宜しかったらこちらもご覧ください♪

瞑想へと誘うマウントフジフラワーエッセンスのご紹介

マウントフジフラワーエッセンスによるヒーリングセッションはこちらです。

お読みいただきありがとうございましたm(__)m