こんにちは。色花です。

2か月前のことですが、ウィリアム・レーネンさんのチャネリング講座に行ってきました。

現時点での私の解釈ですが、チャネリングは自分の深い部分(すなわち宇宙?!)と繋がり、そこから必要な情報を取ってくるってことかなと考えています。

チャネリングの難しさは、情報を受け取る人が、どのレベルでつながって解釈しているのかによって大きく伝え方が異なってくることにあるようです。

また、エゴに邪魔されずに純粋なチャネリングが出来たとしても、それを翻訳する時にボキャブラリー(つまり様々な分野の知識)がないと、具体的に伝えられないということが起こり得ます。

その難しさから、チャネリングはちょっと敬遠していたところがありました。

しかし、レーネンさんによると、チャネリングとは「自分自身を知ること」なのだそうで、そこに興味を持ち、チャネリング講座に参加することに決めたのです。

私たちが感じることや受け取る事はすべて宇宙やスピリットの世界からのメッセージでありエネルギーであるので、本当に自分が感じていることは何なのかを知るというところから、チャネリングは始まるそうです。

とても重要なことをおっしゃっているなと感じました。

自分以外の周りの人たちの感情や思考を、そのまま自分の感情や思考だと思い込んで日々を過ごしていることって多いのではないでしょうか。そうすると、自分が本当に感じている事、やりたいことが分からなくなってしまいます。

会場に現れたレーネンさんの瞳は美しく、純粋に輝いていて、感動を覚えました。

人はいくつになっても美しい輝きを放てるものなんだなと、うれしくなりました。

講座ではチャネリングのコツをいくつか教えていただきましたが、実際にペアになってチャネリングを練習するということはありませんでした。

日々の練習の積み重ねが大事だということなので、講座ではコツとか、もっと大切なことを教えてくださったのでしょう。

ただ、希望する方が代表でチャネリングの実践を行なって見せてくださる場面があり、とてもためになりました。

すぐに完璧を目指そうとせずに、今の状態から始めましょうということでした。

毎日ではありませんが、何か知りたいことがあるときに、練習してノートに書き留めています。

今のところ、自分自身の事に関するチャネリングではブロックが多少出てしまい、あまりうまくいっていない感じがします。

好きじゃない答えだといやだな~とか、こういう答えだったらいいな~とか思ってしまうこともあって、ピュアな状態になるのが結構難しいのです。本当に自分が感じている事を知るということは、意外に勇気が必要なんだなと改めて思いました。

でも、たまに深い情報を得ることがあり、感銘を受けることもあります。

それと、一体これは何なのだろう?という情報を得ることもあります。

まだまだ練習が必要そうですが、そのうちにさりげなく、深く出来るようになるといいなと思っています。

まずは、勇気をもって、自分の本当に感じていることを知る、ということですね!

**************************
マウントフジフラワーエッセンスなどの個人セッションについては、こちらをご覧ください。