こんにちは。栃木県栃木市にある色花(いろは)です。

以前「とらわれを手放す=今に在る?!」というタイトルで記事を書かせていただきました。

とらわれとは、過去の出来事への繰り返し起こる反応や感情だったり、自分自身や身近な人に将来起こるかもしれない事への不安だったりします。

つまりは、とらわれとは、エネルギーが硬直して流れていない状態です。

とらわれを手放せれば、今にエネルギーをそそげるわけで、生きることがもっと楽になるのではないかと思っています。

72種のマウントフジフジフラワーエッセンスの中には「手放す」、さらには「明け渡す」ことを人生の様々な側面でサポートし、より強く今に生き、未来へと開いていけるよう導いてくれる種類がいくつかあります。

それらの花達のバイブレーションによって、過去の悲しみ、怒り、過去へのこだわり、古い自分のパターン、エゴなどを、ただただ手放すのではなく、そのプロセスを慈しむスペースを自分自身の中に見出すことができるようになるでしょう。

それぞれのフラワーエッセンスにはその他にも様々な質がありますが、今回は手放す事、明け渡す事にフォーカスして2回に分けてご紹介させていただきます。

シャクナゲ(ペイルピンク)(キーワードは「慈愛」)
エゴを手放し、大いなるものへ明け渡すプロセスに使用すると良いフラワーエッセンスです。生きとし生けるものへの慈愛を呼び起こし、ハートに穏やかさ、安らぎ、やさしさをもたらします。

自分の考えや行動が正しいと思い込み、それを人に対して無理強いしたい気持ち、優位に立ちたい気持ちがある時などに、天の慈愛へとつなげ、ハートからの言動を選択できるよう促してくれるでしょう。

自分にもこんなに人に主張したい気持ちがあるんだということに気付いただけでも、エゴの自分を客観的に観察できる余裕が生まれます。それがエゴを手放す第一歩かもしれません。

エゴから起こる言動に気づき、手放すことへと導いてくれるシャクナゲ(ペイルピンク)のフラワーエッセンスは、人をケアする仕事に携わる人にも役立ちます。

ケアを行う中で、知らず知らずに相手と対等ではなく、自分を上位に感じてしまっている時、自分が癒すと意気込んでしまっている時などに、再びハートへとつなげ、本来の癒しの在り方へと軌道修正してくれるでしょう。

ツリガネニンジン(キーワードは「祈り」)
終わりは始まりであり、始まりは終わりである、という自然の摂理に人間は組み込まれて生きています。また、物事はただ起こり、過ぎ去っていくとも言われます。

そんな自然の道理ではあっても、大切な人との別離や死別、過去に受けた理不尽な仕打ち等、人間にとって忘れ難いほどつらいこともあります。

しかしながら、どんなにつらいことでも、その悲しみや怒りに浸り続けていたら、次に待っている新しい人々や物事、環境に出会うことができなくなってしまいます。

ツリガネニンジンは、出来事を忘れ去るのではなく、過去のつらい感情を手放し、そして許すことに光を当ててくれます。

さらには、過去のつらい感情を祈りのプロセスへと導き、昇華させることで、新たな次元へと一歩踏み出すことをサポートしてくれます。

忘れることへの罪悪感を抱いている時に使用するのもよいでしょう。

フジ(ツボミ)(キーワードは「防御の鎧」)
大きな変容の時期を迎えると、環境や周囲の人々、はたまた自分自身の持つ古いパターンが邪魔をして、なかなか先の段階に進めないということが起こりがちです。

それは、新しい道を進むと決断した自分に対して、古い自分の恐れや複雑な気持ちが、現象として起こっているのかもしれません。現象として起こる出来事は、自分自身の内面の現れであることがあります。

古い自分(=習慣や癖など)と決別する時、エネルギーの動きが活発になります。すると、自分のもとから去っていく人が現れたり、新たな出会いがあったり、転職を経験したりと、自ずと人間関係や環境にバランスがもたらされることがあります。

こういった、古い自分を手放す時に引き起こされる周囲との軋轢や激しい変化によるストレスから守ってくれるのが、「フジ(ツボミ)」です。

フジ(ツボミ)のエネルギーが鎧となってあなたを護り、次なるステップへと最善のタイミングで導いてくれることでしょう。

ヤマザクラ(キーワードは「レットゴー」)
サクラは四季ごとに訪れる変化をただ受け入れ、しかも変化を超えたところに存在している、そんな様子に、多くの日本人はどこかで共感を覚えるのかもしれません。

マウントフジフラワーエッセンスにおけるヤマザクラのキーワードは「レットゴー」、つまり「手放すこと」です。

自然の移ろいと同様に、人生も流れていくのが常です。その過程で出来事に執着する状況に出くわすと、その流れが淀んでしまいます。

ヤマザクラは、肯定的なことであっても、否定的なことであっても、過去に対するこだわりをやさしく解きほぐし、新たな段階へと導くサポートをしてくれます。

変化を受け入れ、そして手放すことができた時、広大な視野から物事を見ること、さらには天に委ねることが自然とできてくるのではないでしょうか。

ヤマザクラは、家系や先祖等の一族全体の体質や、繰り返されてきた歴史などの集合的事柄にも有効です。

**********

次回も引き続き「手放す」「明け渡す」ことをサポートするマウントフジフラワーエッセンスをご紹介する予定です。

マウントフジフラワーエッセンス個人セッションについてはこちらまでどうぞ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

参考書籍:「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界 花の“Being”」中沢あつこ著 Fragrance Journal
マウントフジフラワーエッセンス販売元:ハートサポートシステム有限会社