3月に入ってから8泊10日でハワイ島に滞在して参りました!

人生初のハワイ行きでした。

私はほぼアテンドのような感じではありましたが、ハワイ島の大自然を満喫することができました。

ハワイ島はハワイ諸島の一番南に位置している、ビッグアイランドとも呼ばれるハワイ諸島の中で一番大きな島です。活火山から流れ出る溶岩により、今もその面積を拡張し続けている若い島なんです。なので、生命力溢れるエネルギーに満ちた土地でもあるのです。

私たち一行(母とその友人たち)は、ハワイ島の東側にあるヒロという都市にあるB&Bに滞在しました。ヒロは日系人が深く関わって来た場所なので、日本風庭園があったり、神社があったりして、その影響がところどころに見受けられます。おじいちゃん、おばあちゃん世代の方々が少し日本語を話すようでした。

ヒロは1日の中でも天気が変わりやすく、予測が難しいところだと聞きました。その気候の多様性から木々がよく生育するらしく、所々に巨木があって驚きます。よくぞここまで大きくなったな~と感嘆してしまいます。ランの花もたくさん見られます。

今回の目的はとにかくのんびりすることではありましたが、1か月滞在する母たちにたいして私は8日間の滞在です。私がいる間になるべく観光も済ませて、周辺のレストランやスーパーにも慣れておこうという計画がありました。なので最初の1週間はそれほどのんびりではなかったかもしれませんね。

宿から徒歩5分程度のところに日本食レストランやお寿司屋さんがあったりして、私たちの宿泊したB&Bは母達の心配を吹き飛ばしてくれるような安心できるところだったと思います。オーナーもスタッフの方も日本語を話す方たちですし、個人ツアーもリーズナブルにやってくださいますし、本当に良いところと巡り合えたと思います。

お宿の庭の蘭を写させていただきました

さらに宿から徒歩10分~15分のところにアイランド ナチュラルズというオーガニック系のスーパーがあり、私はここがとても気に入りました。ヴィーガンチーズがお手頃価格で販売されていたり、ヴィーガンクッキーのしっとりバージョン(量が多っ!)が置いてあったりして、大興奮でした!そのクッキーは美味でしたよ。デリやデザートにもベジタリアンやヴィーガンのものが多く、ローフードなんかも置いてあります。外食ばかりもあきるので、アイランド ナチュラルズでご飯を買って宿のリビングでいただくことも多かったです。

徒歩圏内の話ばかりになりますが、宿から歩いて25分くらいのところにモクオラ(ココナッツアイランドとも呼ばれています)というパワースポットもあります。リリウオカラニ公園と橋でつながっているこの小さな島に、朝一人で出かけてみました。モクオラはその昔癒しの場所だったらしいですよ。その橋から海を見渡すと、少し意識がシフトするような不思議な感覚になりました。

ハワイ島はとても大きく、トロピカルタイムで動くバスは時間通りには来ないらしく、レンタカーのない私たちはタクシーを利用することにしました。でも普通にタクシーを使うと高いですよね。

そこで宿のオーナーのお母さまに紹介してもらったのがShared ride taxi programです。このタクシーのシステムは、1人1冊ずつクーポンブックを購入すると使えます。15枚綴りが30ドルで、その他10枚綴り、5枚綴りとありますが1枚当たりの料金は高くなっていきます。ヒロのファーマーズマーケット近くのバス停のところに事務所があり、そこでパスポートなどのIDを見せて手続きします。

1枚で1マイル~4マイルまで、2枚で4マイル~9マイルまで移動可能です。1マイルは約1.6kmですから、悪くない条件です。手続きをすると何社かのタクシー会社の電話番号等を書いた紙をもらえるので、そこに電話をかけて迎えにきてもらいます。目的地に着いたら、何時に同じ場所に迎えに来てくださいと頼むと帰りが楽でした。1人ずつクーポンを自分のクーポンブックから出すので、3人なら3枚必要です。クーポンブック自体はシェアできませんのでご注意を。

ちなみにヒロのファーマーズマーケットは水曜と土曜は規模が大きくなり、野菜や果物以外にもたくさんのお店が出ています。クリスタルや石などのお店も何店か出ていて、好きな方は結構興奮してしまうのではないでしょうか。私は石類に詳しくありませんが、非常にリーズナブルに思います。

ヒロの宿は世界遺産のハワイ火山国立公園まで車で約40分、アメリカ最南端のサウスポンイントまで約1時間半、星空観測で知られるマウナケア山まで約1時間(確か・・)という好立地にあります。私は行けませんでしたが(涙)、パワースポットとしても知られるレインボー滝やヒロ大神宮などもあり、ヒロは観光にもとても恵まれた場所です。

ヒロの宣伝みたくなってしまいましたが、次回はキラウエア火山などについて書きたいと思います。