マウントフジフラワーエッセンスには、創造性を刺激したり、直感や感受性を高めたり、繊細なアーティストのこころのバランスを取ったり、時には大胆な表現をもたらしたりと、アーティストに必要な様々な側面をサポートしてくれる種類があります。

それぞれのフラワーエッセンスにはその他にも様々な質がありますが、今回は芸術表現やクリエイティビティにフォーカスしてご説明させていただきます。

人間は誰しもがアーティストだと言いますが、それは本当だと思います。日々の中で創造性が発揮されない日はないのではないでしょうか。家事や育児、職場での仕事、着る洋服、使う食器、立ち居振る舞い、会話の中の言葉に至るまで、表現する場が至る所に存在しています。

ですので、芸術活動を生業や趣味としていなくても、ご自分がアーティストだと思ってお読みいただけると面白いかと思います。

イタドリ(キーワード:「リーダー的先駆者」)
キーワードが「リーダー的先駆者」でもあるように、古いものを破壊し、新たなるものを創造するダイナミズムに溢れたエッセンスです。ダンスなど動きのある芸術表現に力強さを与えてくれます。また、動く表現者の周りに共鳴を呼び込む空間を創造し、観客にもそのエネルギーが届くことでしょう。

オオイヌノフグリ(キーワード:「変容の眼」)
クリエイティブな人が持っている膨大なエネルギーを、バランスよく創造活動に活かすのに役立ちます。感情の起伏が激しい傾向に落ち着きをもたらし、全体を冷静に見渡すスペースを与えてくれるオオイヌノフグリは、アーティストが創作過程で陥る感情の不安定さから脱却し、明晰さへと向かうことをサポートしてくれるでしょう。

シャクナゲ(ピンク)(キーワード:「この世の楽園」)
マインドに行きがちなエネルギーをハートに降ろし、全面的な肯定感を促してくれます。ハートは傷つくことなく何でも受け入れるスペースです。芸術活動には、判断を止めて結果にこだわらない在り方が時には必要かもしれません。そんな時には、シャクナゲ(ピンク)で、ハートから表現をしてみると良いでしょう。

ツバキ(キーワード:「ダンシングハート」)
キーワードにもあるように、こころ踊るような感覚をもたらしてくれるのがツバキのフラワーエッセンスです。静的な表現というよりも、からだ全体を使って楽しむようなタイプのダンスや歌、音楽などの表現に良いでしょう。表現することをただただ楽しむために。創作活動で煮詰まってしまった時に、リセットの意味でも動きをもたらすツバキはお勧めです。

フジザクラ(キーワード:「内なる美と和」)
日本の霊性や美意識と関わるエッセンスです。日本人の美的感覚は、自然界との深いつながりに見出すことができます。たとえば散りゆく桜の花、虫の音、川のせせらぎ、重なり合う木々の葉の音など、自然界の小さな営みにも美や喜びを発見することです。このような繊細な感受性を開花させ、芸術表現に活かしたい時に使うと良いでしょう。

ミゾソバ(ホワイト)(キーワード:「瞑想の広がり」)
ミゾソバ(ホワイト)は、日常に居ながらにして、内側に瞑想のスペースをもたらしてくれるエッセンスです。創作活動に煮詰まってしまった時、ふと内側に気持ちを向けると、そこには思いもよらなかったアイデアが待っているかもしれません。張り詰めた状態だと、広い視野で物事が見えていないことが多くはありませんか。そんな心の緊張を解きほぐし、全体を見渡すことを自然に起こさせてくれるようなエッセンスです。

アイリス(ブルーバイオレット)(キーワード:「善きもの」)
アイリスは、様々な物事から影響を受けてしまいがちな繊細な人にバランスをもたらします。また、アイリスは、繊細な芸術家が高い領域につながり表現できるようサポートしてくれます。主観的な表現から普遍性の表現へのプロセスにも良いでしょう。

ハリエンジュ(「聖なる酔っ払い」)
天への明け渡しに関わるフラワーエッセンスです。おおらかで楽天的なハリエンジュは、天とつながった状態で創造性を刺激してくれます。いにしえの時代の音楽や舞踊が神に捧げるものであったように、ハリエンジュは個人という枠を超えたところでクリエイトしている感覚を喚起してくれることでしょう。自分を通して宇宙が表現されるような満足感を得たい時に。

ホトケノザ(「インスピレーションと解放」)
私たちは常にインスピレーションを様々な方法で受け取っていますが、思考が邪魔をして、素直に受け取れていないことが多いようです。ホトケノザは思考を鎮め、個の枠組みを超えたところからやってくる直感やひらめきを受け取るためのスペースを作ってくれます。ダンス、音楽、絵画、彫刻、演劇、詩、文学、デザイン、建築、料理、さらには研究や発明に至るまで、様々なクリエーターが直感を受け取り、現実の世界にアイデアを形作る時に役立ちます。

以上、今回は9種類のマウントフジフラワーエッセンスをご紹介させていただきました。

生みの苦しみを経た作品だからこそ、完成した時には深い達成感が得られるものですが、時には結果を手放し、直感と遊んで楽にクリエイティブな事に関わるのもひとつの体験として面白いのではないでしょうか。

純粋な周波数を持つ自然界のお花から、そんな在り方を教えてもらいませんか?

マウントフジフラワーエッセンス個人セッションについてはこちらまでどうぞ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

参考書籍:「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界 花の“Being”」
中沢あつこ著 Fragrance Journal
マウントフジフラワーエッセンス販売元:ハートサポートシステム有限会社