男性エネルギーと女性エネルギーの2つの両極が個人の中でうまく統合されると、男性も女性も自然体で自らの能力を最大限に発揮できるようになっていき、自立した存在になれるのではないかということを前回書かせていただきました。

マウントフジフラワーエッセンスには、女性性と男性性に関わるエッセンスが数種ありますのでご紹介させていただきます。それぞれのフラワーエッセンスにはその他にも様々な質がありますが、今回は女性性と男性性にフォーカスしてご説明しています。

イタドリ(キーワードは「リーダー的先駆者」
このフラワーエッセンスは、男性・女性ともにリーダーシップを発揮する時におすすめです。思い込みから来る男性らしさ、女性らしさという枠を外し、自分本来の男性らしさや女性らしさを開き、魅力的なリーダーとしてその能力を開花させたい時に。女性のリーダーが、男性的なリーダーシップに対する思い込みを取り除き、男性社会の在り方とは別の、受容的で包括的な方法で社会で活躍することを後押ししてくれます。

シロバナタンポポ(キーワードは「男性エネルギー」)
父権や父親と関連した男性性に働きかけるフラワーエッセンスです。
男性エネルギーの持つ特徴である行動力や積極性、チャレンジすることを自らに許可していない場合に良いエッセンスです。
男性らしさに対する古い思い込みを持ち、その規準から外れていることに悩んでいる男性、父親に対する否定的感情を持つ女性にもやさしく働きかけてくれるでしょう。

ボケ(レッド&ホワイト)(キーワードは「対極の統合」)
光と影、内と外、動と静、思考と感情、生と死、霊的世界と物質世界、そして男性と女性。私たちの世界には実に様々な対極が存在し、それによりコントラストがはっきりと現れる仕組みになっています。ボケは対極のどちらか一方に偏る傾向に対しバランスをもたらしてくれます。
思考は主に男性性で感情は主に女性性の特徴です。考えすぎる傾向のある思考優先型か、感情に引っ張られる感情優位型があてはまる場合、ボケがそこに調和をもたらします。

マツヨイグサ(キーワードは「愛と女性性」)
女性性を受け入れるために良いエッセンスです。女性としての自分に自信が持てなかったり、女性としての側面に対して嫌悪感のある女性に。これらは過去の出来事により傷ついた女性性によって浮かび上がる感情かもしれません。そのこころの傷を癒し、本来の女性性を開くためにマツヨイグサはサポートしてくれます。

メイゲツソウ(キーワードは「女性のセクシャリティ」)
このフラワーエッセンスは、女性としての肉体を受容するために良いエッセンスです。マツヨイグサが過去の傷による女性性の否定に働きかけるのに対し、メイゲツソウは肉体レベルにより働きかけます。肉体を通しての女性としての魅力を表現することに抵抗のある場合、自然なかたちで女性性を解放する手助けをしてくれます。

キリ(キーワードは「絆」)
キリは、女性が持つ女性らしさに対する信じ込みを溶かしてくれます。また、女性の同性に対する嫉妬や競争心などの否定的感情をほぐし、相手を認めるとともに、自然な女性エネルギーが自らに流れるのを許すことをサポートしてくれます。
異性との依存的な関係や、バランスを欠いた関係に陥ってしまいがちな傾向にも有効です。

 

今回6種類のマウントフジフラワーエッセンスを紹介させていただきました。

気になったものをご使用になっていただくのも良いですし、セラピストに個人セッションで72種から最適なフラワーエッセンスを選んでもらうのも良いと思います。

自分がなぜ女性として、あるいはなぜ男性として生まれてきたのか。今までの意識の範囲を超えたことろでそんなことに思いを巡らせると、新たな境地が生まれるかもしれません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

参考書籍:「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界 花の“Being”」
中沢あつこ著 Fragrance Journal
マウントフジフラワーエッセンス販売元:ハートサポートシステム有限会社