気づきを促すことや瞑想性に優れている

マウントフジフラワーエッセンスを使用しようと決めた時点で、実は気づきへの扉は開かれています。意識的にフラワーエッセンスを使用し、自分に起こる変化に思いが及びやすくなっているから、ということもあります。

 それともう1つ、私の感想ですが、マウントフジフラワーエッセンスは、日常のごたごたにあっても、冷静でいられる自分を発見できる状態に導いてくれるようです。内側を見るという意味でも瞑想性につながる質を持っていると感じます。

 瞑想性が深まった結果、気づきへとつながるとも言えます。

私がとあるセッションで、ヒーラーとして「自己肯定」がとても重要となってくるというアドバイスを頂いた時の話です(結構最近のことです)。自己否定しているつもりはないけど、肯定もできてないかもと思いました。この際、深く自分の内面を探ってみたいと思いました。

そこで、自分の内側に気持ちを持っていくサポートとして、マウントフジフラワーエッセンスの「自己肯定と許し」というフォーミュラーを飲用することにしました。(フォーミュラーというのは、マウントフジフラワーエッセンスから数種のエッセンスがあらかじめミックスされて発売されているタイプのものです)

飲用して数日後、「自分を肯定できた分だけ人を肯定できる」のが腑に落ちました。こういったことはよく言われていることかもしれませんが、自発的にそう思えたことにとても喜びを感じました。自分をきちんと認められなくては、人をそのまま見ることなんてできないですね。

 「自己肯定」の大切さはいろいろなところで言われています。でも、知識だけで知っているのと、体験として分かるのとでは、全然違うのだと思います。私の場合は体験として分かる手前ですが、一歩前進したというところでしょうか。そのうちには「判断しない」境地に至りたいものです。

さらに日常生活において、不安定な状態に置かれても、あまりあたふたしなくなりました。ついつい、「も~こうなったらテンション下げちゃおうかな~」と思っても、「そんなことしなくてもいいじゃん」と一瞬で切り替えられることが多くなりました。状況に感情が左右されにくくなったようです。 

恐らく深いところで自分への信頼が芽生えてきたのだろうと思います。

何か解決したいことがあると、プロセスを味わうことなく、問題そのものを取り除こうとする場合が多いかと思います。でも、「気づき」という資質を手に入れると、問題解決にばかり奔走しなくとも、リラックスした状態で、より広い視野で自分自身を見出すことができるのではないでしょうか。

マウントフジフラワーエッセンスは、問題の背後に存在する気づきを求めている方にもぴったりのフラワーエッセンスなのです。

上級マウントフジフラワーエッセンスセラピスト®として、最適なエッセンスのセレクトと共に、深い誘導ヒーリングを行わせていただきます! 

ご予約・お問い合わせはこちらまでどうぞ!